清川あさみさん「ITOTOITO」展

絵本つれづれ, 絵本作家さん No Comments

こんにちは。編集部の吉原です。

クレヨンハウスのあかちゃんから絵本
『かみさまはいる いない?』の作者でいらっしゃる、
清川あさみさんの新作展へ伺いました。

刺繍など「糸」による表現で、いつも驚きをくれる清川さん。
今回の展示のなかで、わたしがとくに惹かれたのは、本への刺繍です。
「わたしたちのおはなし」と題されたシリーズで、すべて清川さんの所蔵本とのこと。

100冊あまりが並ぶようすは圧巻でした。
刺繍が施された本は、「読む」ことはできないのですが、
ふしぎなことに、そのメッセージやたましいのようなものが、
より立ち上がってくるような感じがしました。

表参道の「GYRE」にて、明日25日までの開催です。
http://gyre-omotesando.com/?p=2959

かみさまはいる いない?
谷川俊太郎/文 清川あさみ/絵
クレヨンハウス/刊
1,296円(税込)

本を汚すのはだれ!?

英語絵本, 絵本つれづれ No Comments

こんにちは。ブッククラブの森です。
「子どもの本の定期便」ブッククラブ・絵本の本棚から、
5月の英語絵本「P2コース」でお届けする絵本を紹介します。


A Perfectly Messed-Up Story
Patrick McDonnell/作
Little, Brown Books/刊
2,624円(税込)

★本の中は大騒ぎ!★
今回の絵本は『おくりものはナンニモナイ』などで有名な作家、
パトリック・マクドネルの絵本です。

本の中のルイがごきげんにスキップしていると、
上からジャムやピーナッツバターが落ちてきた!
驚くルイにをよそに、指紋やクレヨンの落書きまで!
ついには「もう知らないっ!」と投げやりになってしまいます。

「本は汚したらだめ! いろいろなことを教えてくれる大切なものだよ」
というルイのことばに、思わず納得してしまいます。

本の上に広がるジャムやピーナッツバターやオレンジジュースは、
本当にこぼしてしまったかのように、リアリティにあふれています。

元気いっぱいのルイの表情や、ユーモアのある動きは、
読み進めるほど、思わず笑みがこぼれてしまいます。

本は大切に読もうね、と、かぞくで語り合いながら
たのしみつつ読んでみてはいかがでしょうか。

動物好きのハローワーク

英語絵本 No Comments

こんにちは。ブッククラブの横山です。
「子どもの本の定期便」ブッククラブ・絵本の本棚から、
5月の英語絵本「P3コース」でお届けする絵本を紹介します。


I Like Animals
Dahlov Ipcar/作
Nobrow Press /刊
2,624円(税込)

★動物好きのための職業案内★

動物が大好き! 昆虫や魚や、生きものが大好き!
そんなお子さんは多いですよね。

今回ご紹介する絵本の主人公も、動物が大好き!
大きな動物もちいさな昆虫も、カバもサイもクラゲもクモも好き!
そうなれば将来は、ぜひとも動物と一緒に働ける仕事に就きたいと考えます。
動物園で働けば、ゾウやラクダに乗れるし、鳥やヘビやアフリカの草原の
動物たちもいる。
ペットショップで働くのもすてき、
大きな農場で動物たちの世話をするのもいい。
森林で働けば野生の生きものたちにも会える。

ひとくちに動物と一緒の職業といっても、
仕事によって出会い方はさまざま。
夢がふくらみます。

クラシカルな雰囲気、美しい鮮やかな色合いで、
多くの種類の生きものたちが描かれています。
どれも愛らしく、いきいきと特徴が捉えられていて、
あまりなじみのない生きものにも、ぐっと親しみが湧きます。
絵を見ているだけでもたのしめるので、動物好きな方への
プレゼントにしてもよろこばれそうですね。

もちろん、動物の名称やそれにまつわる単語も
たくさん登場しますので、
図鑑を片手に、実際の動物たちの姿や生態を調べてみるのも、
たのしいですね。

音と色のハーモニーをたのしんで

英語絵本 No Comments

こんにちは。ブッククラブの高橋です。
「子どもの本の定期便」ブッククラブ・絵本の本棚から、
5月の英語絵本「P1コース」でお届けする絵本を紹介します。


Cockatoo, Too
Bethanie Deeney Murguia/作
Little Bee Books/刊
2,624円(税込)

★オウムと一緒に、ことばあそびはいかが?★
ここは、南国の森の中でしょうか。
モンステラやシダ、色鮮やかな花に彩られた世界が広がっています。
その中にたたずむCockatoo(オウム)の子1羽。
そこへ、似たような鳥が1羽が飛んで来て「Cockatoo, Too?」と、たずねます。
2羽(two)になったCockatoos。
そこへ、チュチュ(tutus)をつけた2羽のCockatoos が登場。
なんだかややこしくなってきたところで、今度はtoucan(オオハシ)が登場し、
ことばあそびは次の 展開へ……。

“Cockatoo”の語尾の音を重ねて展開していくストーリー。
でも、この絵本の魅力は音の重なりのたのしさだけではありません。
透明感のある緑の濃淡に、花と鳥がアクセントを添えた絵は
本当にきれいで、ため息が出るほど……。
新緑から初夏へと移るいまの季節と重なるような、みずみずしい彩りの絵本です。

おかあさんが大好き!『まだかなまだかな』

おすすめ新刊!, 絵本つれづれ No Comments

こんにちは!大阪店の山本です。
「母の日」が終わり、売り場では「おかあさんの絵本」から
「おとうさんの絵本」に早変わり。でも、子どもたちは、記念日にかかわらず、
いつでもおかあさんやおとうさんが出てくる絵本が大好きです。

今回ご紹介する新刊絵本は、おかあさんを待ちわびる子どもたちが登場!

まだかなまだかな
竹下文子/作 えがしらみちこ/絵
ポプラ社/刊 1,058円(税込)

みんなみんな、おかあさんが大好き

「まだかな まだかな」。ねこの子どもたちが待ってます。
そして、「おかあさーん」と呼ぶと、
ねこのおかあさんがやってきて、うれしそうに甘える子どもたち。
続いて、待っているのはコアラ。
おかあさんがやってくるとせなかにおんぶで、安心顔。
最後に登場するのは、おかあさんの迎えを待つ女の子。
おかあさんが現れると……。

みんなみんな、おかあさんが大好きなんですね。
絵本を見ながら、読んでもらってる子どもたちの顔も笑顔がこぼれますよ。

***
毎月刊行された絵本・児童書を全スタッフが読み合い[新刊会議]をしています。
「きっとロングセラーの仲間入りをするぞ!」という視点で絵本・児童書を選び、
毎月発行の[クレヨンハウス通信]で紹介しています。
[クレヨンハウス通信]に掲載 「新刊会議で選んだ絵本」はこちら

>クレヨンハウスのブッククラブには【新刊絵本コース】もあります。
(新刊絵本は3コース◆0~2歳くらい◆3~5歳くらい◆6歳くらい~おとな)

幻想世界へ誘う!リンドグレーンの絵本

おすすめ新刊! No Comments

こんにちは、大阪店の美濃越です。
おやすみ前の一冊におすすめの、幻想的な絵本をご紹介します。

ひみつのいもうと
アストリッド・リンドグレーン/文 ハンス・アーノルド/絵
石井登志子/訳
岩波書店/刊 1,512円(税込)

★幻想的な物語の世界へ★

「これから、あたしだけしか知らないひみつをお話ししましょう」
7歳のバーブロは、両親も知らないふたごの妹がいることを、
読者に打ち明けるところからはじまります。
ふたりで馬に乗ったり、美しい谷へでかけたり、たのしい時間を過ごします。
いつまでも一緒にいられたらいいのですが……。
結末は、読んでみてのおたのしみ!

作者は『長くつ下のピッピ』でおなじみ、
スウェーデンの児童文学作家アストリッド・リンドグレーン。
彼女の作品に、神秘的で深みある美しい色彩の絵がみごとにマッチしていて、
わたしたちを幻想的な物語の世界へ引き込んでくれます。
幼児から、おとなの方にも、おすすめします。

***
毎月刊行された絵本・児童書を全スタッフが読み合い[新刊会議]をしています。
「きっとロングセラーの仲間入りをするぞ!」という視点で絵本・児童書を選び、
毎月発行の[クレヨンハウス通信]で紹介しています。
「新刊会議で選んだ絵本」はこちら

>クレヨンハウスのブッククラブには【新刊絵本コース】もあります。
(新刊絵本は3コース◆0~2歳くらい◆3~5歳くらい◆6歳くらい~おとな)

「おおきな木」から愛について考える!

英語絵本 No Comments

こんにちは。ブッククラブの森です。
「子どもの本の定期便」ブッククラブ・絵本の本棚から、
4月の英語絵本「P3コース」でお届けする絵本を紹介します。


The Giving Tree』(CD付き)
Shel Silverstein/作
HarperCollins /刊
2,916円(税込)

<翻訳版>
おおきな木
シェル・シルヴァスタイン/作 村上春樹/訳
あすなろ書房/刊
1296円(税込)

★何度読んでも、味わい深いお話です★
今回の絵本は、多くのひとびとに愛される
ベストセラー絵本である『おおきな木』の原書です。

登場するのは一本のおおきな木と少年。
少年が大好きな木。少年のためなら何でも力になります。
さみしいときは一緒にあそび、おなかがすいたらリンゴを与えます。

やがて少年は大人になり、木に会いに行くこともなくなり……。
成長した少年は、お金がほしい、家がほしいと木に伝え、
そのたびに木は自分の身をけずり、少年に差し出します。
それでもしあわせだと思った木。
最後の場面は、切なくもあり、愛おしくもあり。
子どもと大人とで捉え方が違うかもしれません。

昔読んだという方も、もう一度本を開いてみると、
また別の感覚が生まれるのでは……。

本当の愛情とは何か、あらためて考えさせられる一冊です。

あの「かいじゅうたち」と原書で再会!

英語絵本 No Comments

こんにちは。ブッククラブの高橋です。
「子どもの本の定期便」ブッククラブ・絵本の本棚から、
4月の英語絵本「P2コース」でお届けする絵本を紹介します。


Where the Wild Things Are
Maurice Sendak/作
HarperCollins/刊
2,770円(税込)

<翻訳版>
かいじゅうたちのいるところ
じんぐうてるお/訳
冨山房/刊
1,512円(税込)

★子ども部屋から、かいじゅうたちのいる世界へ★

タイトルにある“the Wild Things”。
翻訳版では、“かいじゅうたち”と訳されています。
そう、この絵本は『かいじゅうたちのいるところ』の原書。
20世紀を代表すると言われるこの作品を、ぜひ原書で味わってみましょう。

ある夜、ありとあらゆるいたずらをしまくったマックス。
とうとう、おかあさんから夕食抜きでベッドへ入れられてしまいます。
すると、マックスの部屋に不思議な変化が。
みるみるうちに木が茂り、子ども部屋はジャングルに変身。
その先に広がる大海原をボートに乗ってこぎ出すと
マックスは、かいじゅうたちのいるところに到着します。
そこで、かいじゅうたちの王となったマックス。
月夜の下で大いに騒ぎ、たのしい時間を過ごします。
そのとき、遠くからいいにおいが漂ってきて……。

わかりやすい文体の短い構成にもかかわらず
そこに広がるのは、時空を超えた壮大なスケールの世界。
恐ろしい顔つきの、でもどこかあいきょうのあるかいじゅうたちが
生き生きと躍動する世界は圧巻です。

どんな冒険に出ていても、子どもが戻ってくるのは、おかあさんのところ。
親子のつながりをさらりと描いたラストも印象に残ります。

今月からP2コースへ進まれた方も、きっと、センダックさんの巧みな力で、
難なく壮大な冒険にひき込まれてしまうことでしょう。

西加奈子さんの『まく子』、おとなの方にもおすすめ!

おすすめ新刊! No Comments

こんにちは、大阪店の野尻です。
西加奈子さんの芥川賞受賞後第一作となる作品は、もう読まれましたか?

まく子
西加奈子/作
福音館書店/刊 1,620円(税込)

★子どもからおとなへ、どっちつかずのからだとこころ★

温泉旅館に住む小学生の慧は11歳。
成長していく自分にとまどいながら、かぞく、友だち、
旅館で働くおとなたちとの日々を過ごしていました。
そんなとき、砂や水、なんでも「まく」ことが好きな同い年のコズエが
住み込みにやってきて、とらえどころのないコズエにふりまわされて……。

子どもからおとなになる時期の、どっちつかずのからだとこころ。
アンバランスな11歳の浮遊感が伝わってくる作品。

読み終えたときは、何とも言えない不思議な感覚になりますよ。
おとなの方にも、おすすめです!

*毎月刊行された絵本・児童書を全スタッフが読み合い[新刊会議]をしています。
「きっとロングセラーの仲間入りをするぞ!」という視点で絵本・児童書を選び、
毎月発行の[クレヨンハウス通信]で紹介しています。

>[クレヨンハウス通信]に掲載 「新刊会議で選んだ絵本・児童書」はこちら

>クレヨンハウスのブッククラブでは【新刊読み物】もお届けしています。
(新刊読み物は3コース◆小学低学年~◆小学中学年~◆中学生~おとなまで)

『ライオン1頭』 いろんな動物の声が聞こえてくる!

おすすめ新刊! No Comments

こんにちは。大阪店の山本です。
売り場から、おすすめしたい注目の新刊をご紹介します。

ライオン1頭
ケイティ・コットン/文 スティーブン・ウォルトン/絵
木坂涼、岩城義人/訳
BL出版/刊 2,700円(税込)

★迫力ある絵から、いろんな動物の声が聞こえてくる!★

この絵本を手に取った瞬間、まず、迫力あるリアルなモノクロの動物の絵に
目を奪われます。ライオン1頭、ページをめくるとゴリラ2頭、そしてキリン3頭……
数字が並んでいますが、これは単なる「数の絵本」ではありません。

ページごとの動物の数を読みあげ、「世界に残った最後の5頭のゾウだったら」と
その数字を実感しながら、どんどん減りゆく野生動物に思いをはせてほしい、
という思いでつくられました。
また、動物がわたしたち人間と同じような暮らしぶりも短く綴られていて、
一頭一頭のいのちの重さを感じられる一冊。

絵本の中から、いろんな動物の声が聞こえてくるようです。
幼児からおとなまで、おすすめします。

*毎月刊行された絵本を全スタッフが読み合い、[新刊会議]をしています。
「きっとロングセラーの仲間入りをするぞ!」という視点で絵本を選んで、
毎月発行の[クレヨンハウス通信]で紹介しています。

[クレヨンハウス通信]に掲載 「新刊会議で選んだ絵本」はこちら

>クレヨンハウスのブッククラブには【新刊絵本コース】もあります。
(新刊絵本は3コース◆0~2歳くらい◆3~5歳くらい◆6歳くらい~おとな)

« Previous Entries